<< 東京地検特捜部(=CIAの出先機関)によって悉く「抹殺」されてきた歴代の大物政治家たち | main | 東京地裁の砂川判決を覆す最高裁判決に米国の露骨な司法介入があった事実〜米国の機密資料で明らかに >>
2012.01.14 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.05.31 Monday

「CIAの民営化」と「米国諜報機関の令状なし盗聴対象は全世界の通信にまで拡大」

 転載はじめ



「CIAの民営化」と「米国諜報機関の令状なし盗聴対象は全世界の通信にまで拡大」
 
猛獣王S HP ( 30代 東京 営業 ) 08/10/23 PM01 【印刷用へ
『「CIAの民営化」そして「米国諜報機関の令状なし盗聴対象は全世界の通信にまで拡大」』(ふじふじのフィルター2008年10月20日)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
昨日の東京新聞堤未果さんによる「本音のコラム」は、題して「CIAの民営化」で、

「米国ではCIAなどの国家諜報活動の民営化が拡大している。そして、七月に大統領が署名した盗聴に関する外国情報監視法改正案は、米国諜報機関の令状なし盗聴対象を全世界の通信にまで拡大した。」

という凄すぎる内容だった。

今日は、全文紹介させてもらう。

―――――――――――――――――――――――
世界に波及する金融危機は本当にアメリカ型モデルの終焉と言えるだろうか。米国ではCIAなどの国家諜報活動の民営化が拡大している。

一千億ドルの民間軍事請負業者と並ぶ五百億ドルの巨大市場「諜・産複合体」だ。五月、世界最大規模の投資ファンドのカーライルグループは、「テロとの戦い」の名の下に国民の情報監視・収集を行った大手諜報企業ブーズ・アレン社の政府部門を買収した。諜報企業を次々に買収するカーライルは世界中のファンドには魅力的な投資先だ。住宅バブル崩壊で破たんしたサブプライムローンと違い、見えない敵への恐怖が需要を生み続けるからだ。

だが民営化された諜報業務では、拷問合法国への対象者移送の速さとその効果が重視され、スパイ活動でのメールや電話の監視・分析は利益の対象になる。アブグレイブ刑務所で囚人たちに拷問を行い起訴された尋問派遣社員も、会社からは優良社員とみなされた。初めに民営化があり、司法は後からついてくる。

七月に大統領が署名した盗聴に関する外国情報監視法改正案は、米国諜報機関の令状なし盗聴対象を全世界の通信にまで拡大した。通信技術が国境を越え、監視される当事者と傍観者の間の境界線もその存在を消した。携帯で有名なウィルコムもカーライル傘下にある今、人権という共通項で連帯し、身を守る必要がある。
―――――――――――――――――――――――

という、ぞっとする内容・・・

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
  この記事は 174968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_190442
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]



転載終わり

2012.01.14 Saturday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
PR
Selected Entries
Archives
Recent Comment
  • 電通」と自民党・公明党・CIA、「電通」を取り巻く、日本でいちばん醜い利権の構図
    youko (09/09)
Recent Trackback
  • 電通」と自民党・公明党・CIA、「電通」を取り巻く、日本でいちばん醜い利権の構図
    邪馬台国 下関 (01/11)
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM